バングラデシュ家庭料理店「トルカリ」高円寺店をレポ!かなり攻めた本場の味だった!

こんにちは!インドガールのマヨです!

先日、バングラデシュ家庭料理店「トルカリ」高円寺店に行ってきました!実は、ここのオーナーとはTwitterで知り合い、一度夜ご飯を一緒に食べたことがあるのです。その際に、「僕は、間借りのカレー屋さんを運営してるんです」とちょっと面白いことを言っていました。

そこで今回は、彼が運営しているお店で、バングラデシュ家庭料理を食べに行ってきました!

 

店舗は、高円寺のディープスポット「大一市場」の中に!

私も初めて知ったのですが、高円寺には大一市場というディープな場所があります。ここ、知らなかったらちょっと入りにくい雰囲気ですよね。。。

大一市場
大一市場(高円寺)

中には、いろんな国のレストランがぎゅっと詰まっています。
ベトナム料理屋さんも、すごく魅力的で、危うく入ってしまいそうでしたが、今回の目的はバングラデシュ料理を食べることだったので、ぐっと我慢。

大一市場(高円寺)
大一市場(高円寺)

今回のお目当であるBean’s Whale(店舗の名前)では、土曜・日曜・祝日のランチタイム11時30分〜14時(ラストオーダー)はバングラデシュ家庭料理店「トルカリ」さんが営業しています。他の時間帯は、他のお店が営業しています。(店舗が、お店に場所を間貸している形態です。)この日のランチは、「トルカリ高円寺」のバングラデシュ料理を提供していました。

 

こちらが、Bean’s Whaleさんの店舗です。

大一市場のBean's Whale
トルカリ高円寺店

ランチは、一本勝負!

ランチメニューは一つだけ!セットで1,000円と、お得感があります。

大一市場のBean's Whale
トルカリ高円寺のランチメニュー

こちらが、お料理です!

 

カレーとスープがかなりたっぷり入っている印象です。
私の大きい顔と比較すると、カレーの量等がわかりやすいかと思います。

「トルカリ高円寺」のBean's Whale
「トルカリ高円寺」のBean’s Whale

いざ!食レポ開始!

タマリンドソースのサラダ

タマリンドは、甘すっぱいソースです。パニプリに入っている甘くて赤いやつです。そのタマリンドでさっぱり味付けしたサラダは、とっても爽やかで美味!!!!!

暑い日で食欲が落ちていた私ですが、このサラダを食べると食欲がモリモリ湧いてきました!

 

攻めた辛さのマトンカレー

日本人の舌に合わせるために、味を変えていないようで、かなり攻めた辛さの味でしたw
マトンそのものの味もワイルドで、とても美味しかったです。辛いのが得意ではない私ですが、インドで一年生活したプライドを胸に、涼しい顔をして完食しました。

周りのお客さんも、タオルで汗を拭いたり、お水をお代わりしたりと、辛そうではありましたが、帰り際に「ちょうどいい辛さでした」と汗だくな顔で言っていたので、辛い物好きのファンも多そう。

 

レンズ豆のスープ

バングラデシュでは、豆のスープが一般的とのこと。日本の味噌汁のような存在のようです。とっても優しい味でほのかに甘みがあり、辛いマトンカレーの間にすするのにぴったりでした。

この豆のスープは、インドでは意外とないのでとっても新鮮でした。

 

鯖のスパイシーマッシュ

個人的には、これがいちばんのお気に入りでした!鯖をサッパリとスパイスで味付けしていて、ほんのり辛くて、ご飯がススム味でした。バングラデシュには、こういった魚料理も多いそうです。海に面している&川がたくさんあるから、魚料理が発達しているのです。

 

バスマティライス

ライスはもちろん、本場のバスマティライスでした!

 

「ガチで本場の味」を出してくる攻めたお店

全体を通して、日本人の舌に合わせる気の無い、攻めたバングラデシュ料理でした。バングラデシュに行ったことない私が言うのもなんですが、「本場の味」だったと思います。おそらく、家庭の味なのかな〜と思います。お料理を作っているのは、バングラデシュ出身の女性でした。もちろん、食事は全てハラル対応でした。

辛いのが得意ではない私は、鼻水をすすりながらの戦いになりましたが、とっても美味しかったので完食!マトン以外はそんなに辛くなかったので、ギリギリセーフでした。完食後には、大きな達成感を得られましたw

皆さんもぜひ、本場のバングラデシュ料理を食べに、足を運んでみてください!

トルカリ高円寺店

 

トルカリ店主のSNSはこちら!

Instagram(トルカリ高円寺店主):https://www.instagram.com/banglanote/
Twitter(トルカリ高円寺店主):https://twitter.com/Banglanote