新卒入社したPwCを1年で辞め、仮想通貨のstartupに転職します。

♪シェアしてね♪

こんにちは。

タイトルの通り、転職を決めました。
2017年4月に入社。2018年3月に退社。ちょっきり1年間でした。

 

PwCに感謝。でも、自分のパッションではなかった。

まず、PwCは間違いなく素晴らしい会社です。辞めるのはもったいないと心底思います。
研修では、レベルの高い同期と切磋琢磨し、
現場に入ると優しい先輩が熱心にレビュー・指導してくれました。
(先輩方は、私が退職の旨を告げた時、「自分が信じる道を全力でがんばれ。戻りたくなったらいつでも戻ってこい」とむしろ背中を押してくれました。そりゃ、嬉しすぎて泣きそうでしたよ。。。。)

そんな素晴らしい会社のおかげで、1年間でそれなりに成長できたと思います。

ただ、自分はもっと毎日ワクワクしながら体力の限界まで働きたかったです。その結果としてもっと成長したかったです。
それができなかった理由は、(愚痴っぽくなるといやなので、詳細は省きますが)、ざっくり言うと「コンサルという立ち位置」や「自分の成果物が導く変化」に興味が持てませんでした。

 

そもそも「自分のパッションは何か」「何をしたいのか」を就活の時にちゃんと考えていなかった私が悪かったです。
総合商社を第一志望として就活しており、総合商社に全部落ちたため、面接の練習として受けて受かっていたこの会社に入ったという経緯がありました。その時もっと自分と向き合ってじっくり考えていたら、違う会社に入っていたのかなとも思います。ただ、テキトーに選んだおかげで外資コンサルの世界で色々な経験をさせてもらいました。結果として転職することにはなりましたが、この1年の経験は大変貴重であり、今後必ず私の糧となると思います。

 

 

転職先は仮想通貨のStart Up

さて、では、次は何をするのか。
今後は、仮想通貨を使ってFinancial Inclusion(金融包摂)を達成しようとしているStart Upの会社に転職します。拠点は日本ですが、チームはほとんど外国人でかなり面白い環境です。(社名の公開は、正式な入社後にしようと思います。)

世界で、多くの貧困層は、出稼ぎで稼いだお金を本国に送る際に多額の手数料を払っています。その理由の一つは彼らは銀行口座を持っておらず、伝統的な送金業者(ウェスタンユニオンなど)等にまだまだ依存しています。そんな彼らも携帯電話は持っているケースがほとんどです。転職先の会社は、ブロックチェーン技術を用いて携帯電話経由で国内・海外送金を可能にしようとしています。(アフリカのMペサの世界規模&ブロックチェーン技術バージョンみたいなイメージです。)結果、貧困層が直面している不条理な金融システムを淘汰し、低価格でリアルタイムな貧困層にも優しい送金システムを構築することを目指しています。

大学時代にインドで多くの貧困層を目にし、
スラムの子供達の教育支援をしているNGOに関わり、
「インド(とその他の世界)の貧困をなくしたい」と常々思ってきました。
これは、私がパッションを燃やせることの1つです。

私は私自身が大好きで、自分の幸せが最優先です。お金も大好きです。
ですので、私はマザーテレサのように献身し、NGOで一生働くことはできません。
そもそも、総合商社を第一希望としたのは、途上国のインフラ等を作って草の根活動よりも貧困層へ大きな経済インパクトを与えられるからでした。

 

 

転職先での業務は、「自分の幸せ(成長・報酬)」が結果的に「貧困の解決」につながります。
また、インドのスラムの子供達の生活をどうにかしたいと思うから、その夢の実現を想像してワクワクしながら頑張れる。
マザーテレサにならなくても、(マザーテレサ以上の?)インパクトを世界に与えることができます。そんな環境だったら、自分はマジで頑張れると思います。

 

ということで、「自分の成長」と「自分が実現したい世界」を両方得られる会社だと考え、
転職先を決定しました。

スラムの子どもとパシャリ。

 

 

 

 

とりあえず、死ぬ気で頑張りまーす!

 

とまあ、パッションについて色々書いてきましたが、正直次の仕事はめっちゃきついと思います。
そもそも、私の英語力はビジネスレベルではありません。
Day1からバリューを出すことが求められるスタートアップで、言語がビジネスレベルで話せないのは致命的です。加えて、ブロックチェーンに特別詳しいわけではありません。今まで求められてきた、エクセルスキルや議事録スキルはあんまり役に立たないと思いますw
でも、だからこそ、成長は無限大です。
Start Upに労働基準法遵守とかはあんまり関係ないかなと思います。
流れの超絶速い業界で生き残るためには、土日ゆっくりしている時間はありません。
でも、土日も働きたくなるぐらいワクワクしてアドレナリンをボーボー出して頑張りたい私には望むところです。

とりあず、死ぬ気で頑張りたいと思います。
3/26から仕事を始めるので、それまでの一週間は暇してます。
ランチ、ディナー、お茶、など、誘ってください!

 

 

最後に。。スティーブ・ジョブズのスピーチ

 

最後に、私が繰り返し見て感化されているスティーブジョブズのスピーチを載せます。
退職届提出する当日も電車の中で見ました。(結局、退職届は紙を提出するのではなくメール送るだけでよくて、印刷した退職届は自分でゴミ箱にポイしましたが。。さすが外資系、ペーパーレスだった。)

皆さんも、人生に悩んだ時は参考にしてみてください。勇気が出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です