Udta Punjab|インドの薬物事情を描いたインド映画|Shahid Kapoor

♪シェアしてね♪

Udta Punjab(ウルター・パンジャーブ)は、インドの深刻な薬物事情を描いたインド映画です。
主演は、みんな大好きShahid Kapoorです。
そして、Kareena Kapoor やAlia Bhattなど、有名な女優が数多く出演しています。

Udta(ウルター)=「飛ぶ」と言う意味ですが、「ハイになる」と言う意味で使われています。
Punjab(パンジャーブ)=パンジャーブ州

とっても興味深く、オススメの作品です!

 

 

Udta Punjabの基本情報

キャスト
Shahid Kapoor (Tommy Singh:ドラッグについて歌い上げるロック歌手)
Kareena Kapoor (Preet Sahani :女医)
Alia Bhatt (Kumari Pinky:農村で働く少女)
Diljit Dosanjh (Sartaj Singh:薬物依存の息子を持つ警察官)

 

ディレクター
Abhishek Chaubey

言語
ヒンディー語(+パンジャーブ語)
日本語字幕あり

(2016年公開 2h25m)

 

 

Udta Punjabのストーリー

 

主に3つのストーリーが個々に存在し、それぞれが劇中で微妙に絡み合っていく

・Kamariのストーリー
闇夜、国境外のパキスタンからシーンは始まる。男性がコカイン3キロの塊を砲丸投げのように、インド側パンジャーブ州に投げ込む。パンジャーブ側で待ち構えていた密輸組織の男の場所には届かず、落下。農村で働く少女(Kumari)は偶然そのコカインの塊を拾う。そこから、Kumariの人生は一転してしまう。

・Tommyのストーリー
Tommyは人気ロックスターであり薬物依存者。ハイな状態で薬物についてロックに歌う。「Udta Punjab」というのは彼の曲名の一つでもある。彼の歌に影響され、薬物を始めてしまう若者もいる。素行の悪いTommyは警察に捕まり、そこで自分の歌に影響されて薬物を乱用し、ついに親を殺してしまった若者に出会い、呆然とする。

・Satrajのストーリー
しがない警察官のSatrajは、薬物に目をつぶって利権を得る警察の慣例に従っていた。しかしある日、息子がヘロインのやりすぎで病院に担ぎ込まれ、息子が薬物中毒であることを知る。パンジャーブ州の薬物蔓延を食い止めるため、Sartajは女医のPreetと共に、薬物で儲けている政治家を暴くべく密かに捜査を始める。

 

 


 

Punjab州の深刻な薬物問題

 

「ターバンを巻いたたくましい男性」「ノンベジの人が多く、お肉料理が美味しい」というのが、私のPunjab州に対するイメージだ。薬物問題が起きていることは全く知らなかったため、衝撃を受けた。

調べてみると、Punjab州の薬物問題はここ10年で急激に深刻化したという。

Punjab州の薬物問題は2つの意味で深刻であるようだ。
「薬物使用者の数が多いこと」と「強力な薬物を使用していること」だ。
以下、この二つについて掘り下げていく。

 

 

♦︎薬物使用者の数が多い
Punjab州の若者の7割が薬物を使用しているというデータがある。(注1)
数字から、異常事態であることは容易に想像できるだろう。

その理由の一つは、パキスタンと国境を接しており、比較的簡単に薬物を密輸できるからだ。
映画冒頭のシーンでもあるように、パキスタンから薬物を投げ込むことで密輸できてしまうのだ。実際、政府もPunjab州の薬物蔓延はパキスタンからの密輸が原因だとしている。しかし、パキスタンとは70年間ずっと国境を接している。近年の異常事態はこのことだけが原因ではなさそうだ。

理由の二つ目は、政治家及び警察官の腐敗だ。
薬物は一部の政治家の資金源となっている。また、薬物を利用して票集めまでしているという。一方、警察は薬物の輸送等を見逃すことで、賄賂を享受している。

 

♦︎強力な薬物を使用している
ここ10年の間に、使用する薬物が比較的弱いものから非常に強いものへ変化した。

2007年の段階で、薬物使用者の90%はアヘンを使用していたという。(注2) このアヘンは主にRajasthanから流入してきていた。Rajasthan州では政府により許可を受けた店はアヘンを売ることができていため、広くアヘンが認められていた。
しかしその後、政府はRajasthan州からのアヘンの流入を厳しく取り締まった。

政府の取り締まりにより、2012年の段階では、薬物使用者の半数は医療薬物を、残りの半数はヘロインを使用するようになった。

2016年の段階で、薬物使用者の90%がヘロインを使用しているという。

※ヘロインは薬物の王様で、最も強力な薬物。アヘンの成分を濃縮してヘロインを作る。

ヘロインという強い薬物を使用しているということは、
依存度が高く、容易にはやめられないことを意味する。
また、ヘロインは高価であるため、資金獲得のためのその他の犯罪も増える。
1日のヘロイン出費は平均1400ルピー(2400円程度)という。
(私の留学時代の1日の出費の3倍くらいかな。。。)

ちなみに、Rajasthan州政府も2016年からアヘンを禁止することにした。
薬物を取り締まる動きが歓迎される一方で、第二のPunjab州として、ヘロインが普及してしまうことを懸念する声もある。

情報ソース

注1:https://vimeo.com/19815617
注2:https://www.thequint.com/news/india/why-does-punjab-have-a-drug-problem-the-untold-story

 


 

Alia Bhatt(Kumari Pink役)の迫真の演技

 

インド人映画監督の父と、独印ハーフの母を持つ女優。

私が、3番目に好きなインド映画女優です♡
クールと言うより、キュートな感じのお顔で、もーメロメロです。
特に、細すぎず、ちょっぴりむっちりな感じがすごくいい♡

今まで、ハイクラスの女子高生や、大学生の役が多かったのですが、、、、
今回は、なななんとっ、
ビハールから出稼ぎのためPunjab州の農村で働く貧しい少女役!!!!!!
お嬢様のAlia Bhattにそんな役がつとまるのか。。。?と心配していたが、、、
迫真の演技で、あっぱれでした!!!

Alia Bhattさん、大好きです。

 

 

ぜひ、Udta Punjabを見てね!

とても勉強になる作品です。
ぜひ、見てみてください!

※こちらのTrailerには字幕はついていません。

※私はNetflixでみましたが、そちらには日本語字幕も付いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です