人見眞代(ひとみまよ)のプロフィール♪

♪シェアしてね♪

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年齢:23歳(女)

アイデンティティ:インド

使用可能言語:日本語、英語、ヒンディー語

得意料理:インドカレー

好きな映画:インド映画

職業:ブロックチェーンのStartup(現状インドと接点なし)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

マヨの歴史

3歳から高校生まではバレエ

高校まではバレリーナを目指してバレエの練習ばかりしていました。

「眠れる森の美女」オーロラ姫役(中央)

 

大学は大阪大学ヒンディー語専攻

しかし、バレリーナとして生きていけるほどの才能がないと判断した私は、バレエをきっぱりやめ、大学進学を決意。
バレエ以外に興味のなかった私は、ヒマラヤ登山家であった父の勧めもあり、大阪大学外国語学部ヒンディー語専攻への進学を決めました。

 

よく、「ヒンディー語ってすごいですね、もともとインドが好きだったんですか?」と聞かれるが、全くそうではありませんでした。むしろ、「やばい、たいして興味のないヒンディー語を4年間も勉強しなきゃいけない。。。」と入学前は心配していました。(留学したので結局5年勉強しました)

 

大学でヒンディー語を必死こいて学ぶうちに、(ヒンディー語専攻は「地獄のヒンディー」と呼ばれるほど単位取得が難しい専攻であったため、とりあえずめちゃくちゃ勉強した)徐々にインドの魅力にとりつかれていきました。

 

大学3年生の後期から大学を休学し、インドに留学。Kendriya Hindi Sansthan(ケンドリヤ・ヒンディー・サンスターン)という公立のヒンディー語学校に入学するも、授業の質が低かったため数ヶ月で行かなくなりました。その後はインターンやバイトをしながらヒンディー語を学びつつ、約1年半インドで生活しました。

両手に牛

就職は外資系コンサルティング→Startup

帰国後は大学に復帰。並行して就職活動。
グローバルな会社で働きたいと思い、PwCという有名な外資コンサルに就職。
1年くらい努めていましたが、仕事内容が面白いと思えなかったのと、自分の仕事が最終的に社会・貧困解決に貢献できていなかったので、すっぱりと転職しました。

詳しい転職話は、こちら!

人生は短い。一歩踏み出そう。【新卒入社1年後に転職した話】


その後は、世界の貧困層の生活向上につながるサービスを提供することを目指すStartupに転職して、現在もそこで働いています。

新卒入社したPwCを1年で辞め、仮想通貨のstartupに転職します。


今の仕事はとっても楽しいです!
でも、インドとそこまで多くの接点があるわけでもありません。

 

インドについて発信。

なんやかんや言っても、私のアイデンティティはやっぱり、インド!

そこで、2017年9月3日から、インド関係のブログを書きはじめました。
目的は以下の5つです。

1.自分のインドに関する知識をより深めるため。
2.多くの人にインドの魅力・社会問題等を知ってもらうため。
3.同じようにインドに興味を持っている人とつながるため。
4.自分のスキルアップ。(ワードプレス/写真・動画編集/Web発信力 など)
5.稼ぐよ!

 

また、2018年9月末から、YouTubeとブログでヒンディー語講座をはじめました!

ヒンディー語のフレーズ15選♪挨拶・自己紹介・ありがとう・Nice to meet you。。。

ヒンディー語はどんな文字?【デーヴァナーガリー文字♪】覚えよ!


少しでも多くの方々に楽しくヒンディー語を学んで欲しいです!

 

また、最近は、個人事業主となり、ヒンディー語教室も始めました。(俗にいう起業です)
・起業した話は、こちら↓

【好きなことで、生きていく】起業しました。


・ヒンディー語教室の情報は、こちら

現在は、副業としてこれらを行っていますが、将来的には本業にしたいと思っています。

 

そして最後にもう一つ、実は私、最近旅ブログもはじめました。
旅に関して、私のビジネスに関して、書いていきます。
こちらの方もTwitterやブログ購読でフォローしていたけると嬉しいです!
http://m-to-the-moon.com/

これからも、どんどん成長していきたいと思っています。
応援よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

2 件のコメント

  1. 仲村はじめ 返信

    mayoさんはインドでどのようなインターンをされていたのでしょうか? 海外インターンを検討しているのですが、何かアドバイスをいだだけると嬉しいです。

    • Mayo 投稿者返信

      コメント遅くなってしまって、すみません!
      日系企業の子会社でした。
      インターンを募集しているところは少ないので、日本人とのコネクションを積極的に作って、面白そうな企業を探し、「インターン募集」がなくても「インターンさせてください!」というのが良いかと思います。また、インターン斡旋会社等を通して探すのも手ですが、「無料or安くて雇えるバイト」が欲しくてインターン募集をしている場合もあるので、その辺は見極めが必要です。
      頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です