10月11日からインドで「天気の子」が上映されるよ!インド在住者はPVR に見に行こう!

こんにちは!インドガールのマヨです!

皆さん、新海誠監督の作品、「天気の子」がインドで上映されることを知っていますか?

当初、「天気の子」はインドで上映される予定ではありませんでした。
しかし5万人ものインド人が「天気の子」のインド上映を求める嘆願書に署名したため、ついに「天気の子」のインド上映が決まったのです。

インド人の署名が、新海誠監督・PVRを動かした

インドにはたくさんのアニメファンがいます。
そしてたくさんのアニメ関連のユーチューバーがいます。
彼らは、「天気の子」のインド上映を求める嘆願書に多くの人が署名するよう、SNSやYouTubeを通して呼びかけました。

結果的に5万人のインド人が嘆願書に署名。
新海誠監督自身も、 Twitter にこの嘆願書に関するコメントもしました。

 

最終的には PVR(インドの映画館) がこの映画を上映することを決めました。

新海誠監督も、インド訪問。
試写会の舞台挨拶では、インド人が「シンカイ!シンカイ!」とラブコールを送ったとのこと。
インド人の熱烈な歓迎に、新海誠監督も驚かれたと思います。

タージマハルもしっかり観光されたご様子です。

 

 

オフィシャルなコンテンツを求めるインド人のアニメファン

これまでインドではオフィシャルでない違法なサイトでたくさんのアニメが見られてきました。
もちろん違法なサイトを見ることは違法ですが、オフィシャルなコンテンツ見る方法がないため、仕方なく違法サイトに頼るという人が多かったのです。

しかし、近年では、多くのインド人はオフィシャルで質の高いコンテンツを求めています。また、日本のアニメに敬意を評し、「クリエーターに利益を還元できるよう、オフィシャルにコンテンツを見たい」と声を上げる人も増えてきています。
そんな彼らが今回立ち上がり、「天気の子」のオフィシャルな上映を実現させました。

 

アニメ布教活動を行うインド人ユーチューバー

インドにはアニメの布教を進めるインド人ユーチューバーがたくさんいます。
今回、「天気の子」の署名活動の中心となったのがAnimeTM talksというユーチューバーチームです。彼らが SNS で「天気の子」のインド上映を求める嘆願書を拡散し、その署名を求めるコンテンツを作ったことが、5万人もの署名を獲得できた大きな理由です。
私が、2019年9月にデリーを訪れた時、AnimeTM talks のメンバーと「天気の子」をプロモーションするため、YouTubeコラボをしました。

彼らの素晴らしいところは、「天気の子」のインド上映が決まった事を、手放しで喜んでいない事です。
彼らは、「上映された」という事実ではなく、「作品がインドでヒットする」事を目標にしています。
なぜなら、この作品がインドでヒットしなければ、次なる作品をインドに持ってくることが難しくなるからです。

 

インド在住の皆さんへのお願い

多くのインド人が、「天気の子」をインドで上映するため、たくさんの努力をしてきました。
このアニメがインドで成功したら、他の日本のアニメがインドに進出する可能性も高まります。
逆にこの映画が失敗に終わってしまうと、今後PVRが積極的に日本のアニメ映画を上映する可能性は低くなります。
ということでアニメコミュニティにとってこの映画が成功するかしないかというのは、今後の日本アニメのインド進出を左右する、重要なことです。

私はアニメオタクではありませんが、インドと日本の文化交流の促進を願っている一人です。
インド人が自分の手で「天気の子」をインドに持ってきたということには大きな意義がありますし、この成功は今後の日印文化交流に繋がる重要なことだと私は考えています。

日本人インド在住の方々にお願いです。
もしお時間が許すのであれば是非映画館に足を運びこの天気の子を見てください。とても素晴らしい作品ですので、きっとお楽しみいただけると思います。
一枚一枚のチケットが集まってこの映画の成功を左右します。(なんか選挙運動みたいになってきた。。)

ぜひ、天気の子をインドの映画館で見に行ってください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
またね。