ギー(インドバター)は太る?痩せる?ギーの説明&おすすめの購入方法【インド文化の紹介】

♪シェアしてね♪

ナマステ!マヨです!

今日は、インドのバター、「ギー」についてお話しします。

 

インド人の「ギーは太らない」発言

私はインド留学中にたくさんのインド人がギーを摂取しまくっているのを見てきました。
カレーに大量に入れたり、チャパティに塗ったり、普通の米にギーを入れて混ぜたり、、、、、

インド料理はとってもオイリーです。

そして、インド人の多くは激しく太っています。
すらっとした若者は多いですが、中年になってくると激しく太っている人が多いです。

そりゃ、あんだけオイリーなもの毎日食べたら太るよ。。。
と思って、いたらインド人に意外なことを言われました。

 

「ギーは太らないのよ」

私は、一瞬も信じませんでした。
何と都合のいい解釈をしているのだろうと思って、聞き流していました。

インド人は痩せる、太るに関する正しい知識を持っている人が少なく、
「甘いチャイは太らない」とも主張するインド人がいたので、私がこのように思ったのも不思議ではないでしょう。

 

しかし、実は日本では健康的な油としてギーがブームになっていたことを最近聞きました。
もしかして、「ギーは太らない」は嘘じゃなくて本当なのか??

 

そう思い、いろいろと調べてみることにしました。

 

ギーって何?

ギーの原料

一般的にギーの原料は、牛、水牛、ヤギのミルクだそうです。

インドで最も有名な乳製品会社のAmulでは、バッファローと牛のミルクのミックスらしいです。
ただ、Amulの公式サイトでも、バッファローと牛の割合などは見つかりませんでした。
製造過程であまり切り分けてないのかな。。。。?

 

ギーの製造工程

ミルクを沸騰させて煮沸殺菌
→乳酸発酵
→発酵無塩バター(マッカン)が完成
→マッカンをじっくり加熱して溶かす
→ろ過して不純物を除去

 

不純物を取り除く過程で、水分・糖分・タンパク質が除去されているため、長期保存が可能だそうです。

 

ギーは太るの?痩せるの?健康にいいの?

ギーには下記のような美容と健康に良い成分が入っているそうです。

  • 中鎖脂肪酸
  • 短鎖脂肪酸
  • 共役リノール酸
  • ビタミンA
  • ビタミンE

このうち、特に、中鎖脂肪酸、短鎖脂肪酸、共役リノール酸にダイエット効果があるらしいのです!

中鎖脂肪酸:すぐにエネルギーになるため脂肪として蓄積されにくい
短鎖脂肪酸:筋肉に作用して脂肪燃焼を促進したり、血液で運ばれた脂肪の余分な蓄積を防ぐ
共役リノール酸:脂肪の分解や燃焼に不可欠な酵素、「ホルモン感受性リパーゼ」に働きかけて脂肪燃焼を促進する。筋肉の成長を促して代謝を高める

 

なるほど。
「脂肪として吸収されにくい&代謝を高める」というのは、とっても嬉しいですね!

ただ、「摂取すれば必ず痩せる」というのは言い過ぎだと思います。
例えばココナッツオイルは中鎖脂肪酸でできており、ダイエットに効くということで一時期ブームになりました。私はココナッツオイルが好きでかなり摂取していますが、別に痩せはしませんでした。

ギーに関しても、インド滞在中はかなり摂取していましたし、
最近になってギーの摂取量を増やしてみましたが、別に一キロも痩せていません。

そのため、私なりの結論として、
・ギーは他の油より比較的に健康にいい
・脂肪になりにくい
・風味や味が良い

とは言えますが、
・ギーを毎朝摂取すれば痩せる!

 

みたいなことは、言えませんね。。。w

まあ、どんなダイエット食品もあまり効果のあるものは少ないです。
結局痩せるためには、適切な運動、食事制限が不可欠なのでしょう。。。

 

日本でギー購入する際の価格比較!

ギーで劇的に痩せることは難しいと思いますが、
健康に良いのは事実です。
私はギーの風味も大好きなので、最近は料理につかったりパンにぬったりと大活躍しています。

ただ、日本でギーを買おうとすると結構高い。。。
そこで、1LのAmulのギーを購入するのに、一番安いのはどこか、比較してみました!

 

ちなみに、インド現地価格(通販)は350-450ルピー(550円~700円)が相場のようです。

 

TIRAKITA(ティラキタ)

TIRAKITAさんは、インドやアジアの雑貨・食品などを幅広く取り扱っているオンラインショッピングサイト。私は大学の頃から頻繁に使用しています。

こちらにもしっかり、Amulのギー売っています!

ギー

 

お値段は4,070円(税抜)。。。
ちょっと、高いw

ただ、こちらはクーポンなどのキャーンペーンが沢山あるので、
ほかの商品と一緒に買ったり、ポイント貯めたりすると、お得にお買い物できます。
ぜひ、一度、TIRAKITAさんのサイトに遊びに行ってくださいね!

 

 

Amazon(アマゾン)

お次はオンラインショッピングの王道Amazonさん。

インドで購入するよりは高いけど、、、、
リーズナブルかな・・・?

 

私はこちらを購入しましたが、
驚きの当日配送でしたw(運が良かっただけだと思いますが。。)

 

 

インドバザール(蒲田)

こちらは、知り合いのインド人にお勧めしてもらったお店です。
蒲田に店舗がありますが、デリバリーも行っています。

 

ギー1キロのお値段は、、、、2,592円!
安い!

但し、8000円以下の買い物については送料800円かかるとのこと。
送料入れたら3,392円ですので、アマゾンとそんなに変わらない。
基本的に翌日配送ですが、祝日は配送が遅れることもあるそうですので、利便性を考えたらアマゾンのほうが良いかもしれません。また、基本的に英語のページしかなく、お支払いページなども少しわかりにくいので、英語が苦手な人はちょっと辛いかもしれません。

しかし、他の商品と合わせて購入するなら、こちらの最安値です!
他の商品を見ているだけでもとても面白いので、ぜひサイトを訪問してみてください!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

ギーがどれだけ痩せるのか?については結局よくわからないですw

ただ、個人的にはインドの製品が日本で話題になるのは嬉しいと感じています。
インドには、日本にない良いものが沢山あります。
食品、インテリア、映画など、インド独特で質の高いものがもっと日本に入ってきてほしいです。

「インド=レイプ」みたいな負のイメージだけでなく、
インドの良い面をもっと日本に広めて、インドのイメージアップをしていきたいです。

このブログが、そんなインド文化の普及の一助となると良いな~と思っています。

おしまい!