【平方メートルの恋】 Netflixのオリジナルインド映画!!

♪シェアしてね♪

こんにちは!まよです!

私の家にはテレビがなく、Netflixを毎日見ます!(完全デジタル世代ですw)
そこで今日、偶然Netflixのオリジナル作のインド映画を見つけました!

Netflixオリジナルのテレビドラマや映画は結構好きで、よく見ています。
Netflixは、普通の映画やテレビドラマよりも、「飽きさせない」ものが多いと感じています。
映画館で見る映画は途中冗長であっても見続けますが、ネットだと飽きたら見るのをやめてしまうので、「飽きさせない」というのはとても重要な要素ですもんね。。。

 

さて、Netflixのオリジナルのインド映画「平方メートルの恋」はどんな内容なのか??
気になって、見つけた瞬間再生ボタン押しました!

 

 

キャスト:
Vicky Kaushal
代表作: Masaan (2015), Bombay Velvet (2015).
Vicky Kaushal Picture

 

Angira Dhar
代表作: Bang Baaja Baaraat (2015)
Angira Dhar

 

Alankrita Sahai
代表作:Rangdari (2012)
Alankrita Sahai Picture

Ratna Pathak Shah
代表作:Jaane Tu… Ya Jaane Na (2008), Lipstick Under My Burkha (2016) , Kapoor & Sons (2016).

Supriya Pathak
代表作: Goliyon Ki Rasleela Ram-Leela (2013), Kalyug (1981) and Sarkar Raj(2008).
Supriya Pathak Picture

 

言語:
ヒンディー語
日本語字幕あり

 

あらすじ

舞台は地価の高いムンバイ。

主役のサンジェイ(Vicky Kaushal )は、銀行勤めだが薄給で、狭い実家暮らし。自分自身の家を持つことを夢見ている。職場の上司で既婚のラシ(Alankrita Sahai)と不倫関係をもつ。
カリーナ(Angira Dhar)はサンジェイと同じ銀行に勤める女の子。男女平等な家庭を持つのが夢だが、母親はそんなことはお構いなしに婚約者との結婚を推し進める。婚約者はお金持ち。

サンジェイ、カリーナは二人とも自分の家を持ちたいと望むが、一人で家を購入する財力はない。新聞に掲載されていた「結婚している夫婦のためのマンション」を手に入れるため、二人は偽造結婚することを決める。最初は家のためだけの関係であったが、二人はお互いに好意を抱き始める。。。。。

 

感想:典型的なハッピーインド映画!でもかなり現代的な演出!

Netflixオリジナルということで、ダンスや歌のないシリアスな作品かなと思っていましたが。。。。。。
歌あり、踊りありで、楽しい典型的なインド映画でした!
家族間の宗教の違いにドギマギしたり、
子供の勝手に親が振り回されたり、
かと思えば親が勝手に物事を進めて子供が起こったり、、、、
とにかく、「よくある安定のインド映画シーン」が盛りだくさんでした!
最後には、超インドっぽいサプライズゲストも登場しました!

ただ、インドはインドでも、「昔ながらのインド」ではなく、「超現代的なインド」でした。
恋愛の仕方が現代的、チューも浮気もバンバンしてました!w
電車の中でいちゃつくカップルに文句を言ったりするシーンはいかにも「現代インドっぽいw」と思いました。

 

インドの家事情

インドでは、家族と一緒に住むのが一般的。
一人暮らしをしている人が少なく、私も留学中は一人暮らし用の良い感じのワンルームアパートは見つけることができませんでした。
そのため、親から離れて自立した生活をしようと思ってもなかなかできず、この映画のように「一緒に家を借りるために結婚する」みたいな発想が起きるんですよね。

今後、ワンルームアパートの建設が進んでいくのでしょうか。。?でもムンバイもう土地なさそうだし。。。でも、狭くて綺麗なワンルームとかだったら、結構需要あるし良い商売になるんじゃないかな??

インドの今後が気になる~!!!!!

 

 

またお気に入りの女優さん見つけてしまった。。。

私はインド人男優には興味がないのですが、女優さんは大好きです。
今回のヒロイン役、Angira Dharは、
個性的で引き込まれるような魅力をもっていて、特に彼女の目が本当に不思議なほど美しいと思いました。

彼女は、大学でthe Xavier’s Institute of Communicationの学位を取得後、制作側のとして仕事をし、アシスタントムービーディレクターなどを経験したそうです。

その後、2015年にはBANG BAAJA BAARAATというテレビドラマでヒロイン役をつとめています。このテレビドラマは大人気となり、シーズン2まで続いたそうです。

このドラマはYouTubeにアップされていて、英語字幕もついているので興味のある人は見てみてください!(この男優さんは日本人の「イケメン像」に近く、私も結構すきです!)

 

 

まとめ

Netflixオリジナルのインド映画ということで、「オリジナルならではの踏み込んだ作品」を期待していましたが、案外普通の作品でした。作品自体は非常に面白かったので満足です。

ただ、今後は、「インドの同性愛事情」「薬物事情」「貧困層の暮らし」など、もうちょっと踏み込んだ作品も作っていってほしいと思います!

と思ったら、なんだか激しそうなNetflixオリジナルインド映画も見つけちゃいました。

 

これも見ないとね!!!!!!

今後もNetflixがどんな作品を提供してくれるのか、非常に楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です