インド持って行くものリスト!マヨのオススメ・必需品!

♪シェアしてね♪

こんにちは!マヨです!

 

今日は、インドへの持ち物について語りたいと思います。
一般的な旅行の持ち物は省いて、「インドだから」持っていくべきもの、気を付けるべきこと等を教えます!

 

 

必需品:当たり前だけど、一応復習。

ビザ

インドはビザがいります。
インドのビザは取得に時間がかかるため、時間に余裕をもって申請しましょう。

 

変換プラグ・変圧器

インドには、変換プラグがいります。必ず持っていきましょう。
インドは、地域によっていくつかの型が用いられます。
下記のようないろんな形に対応したものがオススメです。

持って行った方が絶対に便利なもの

肌を隠す系の服、エアコンよけ

女性の場合は、スネまである丈のズボンかスカートを持っていきましょう。インドで女の子が足を出すのはNGです。

また、男性も女性も、エアコンよけになるパーカーを持っていきましょう。
機内はもちろん、インドのレストランでは異常にエアコンが効いていることが多いです。
夜行バスや列車もエアコンがきつくて寒いです。必ず、長袖長ズボンを一セットは持っていきましょう。

※夜行バスや列車に乗る人は、マスクもあたほうがいいでしょう。エアコンで喉やられます。

 

 

トイレットペーパー

高級な場所以外は、トイレットペーパーがない場合が多いです。
「トイレットペーパーがなくても水と桶だけで生きていける!」という強者以外は、トイレットペーパーを持っていきましょう。

ちなみに、インドにもトイレットペーパーは売っていますが、意外と高い場合が多いのと、紙質が硬いのでオススメしません。重くはないし、旅とともに減っていくので日本から持って行った方がいいと思います。持っていくときは、トイレットペーパーの芯を抜くと、かさばらないのでお勧めです!

 

 

 

ウェットティッシュ

インドで生活していると、手が汚くなります。
その手でご飯を食べると結構やばいので、自分のおなかに自信がない人はウェットティッシュを持ち歩きましょう。お皿やスプーンを消毒するのにも使えます。(私はやったことないけどねw)

 

 

ミニライト

インドは停電が多いです。
ミニライトがあれば、停電中にトイレに行ったり、物を探したりできます。
登山用のヘッドライトがある人はそれがベストですが、なければ百円均一の安いライトでもいいと思います。

スマホのライトもありますが、トイレでは置き場所に困ったり、そもそもスマホが電池切れで使えなかったりするので、別に1つ持っておいたほうが便利だと思います。

 

 

南京錠

荷物を預けないといけないとき、寝台列車で寝るとき、荷物を守るために南京錠があると有効です。必要に応じて持っていきましょう。

 

 

S字フック

インドのトイレには、荷物をかけるフックがない事もあります。でも、荷物は自分の目の届くところに置いておきたいので、トイレの中までもって入ります。そうなると、テキトーに荷物を置くにも汚すぎておけず、バックパックを背負ったまま和式トイレを頑張らなくてはいけないこともシバシバ(よくやってたけど、かなりキツイ)。そんな時、S字フックをドアの上にかけて荷物をぶら下げると、簡単にトイレができます。
意外とみんなが知らなくて、かつ、めっちゃ便利なアイテムです!

 

 

虫よけスプレー

まあ、私もほとんど使ったことはないですが、本来はちゃんと使うべきです。
なぜなら、インドの蚊の中にはデング熱という恐ろしい病気を持っている奴もいるから。
「痒いのくらいは耐えられるから大丈夫!デング熱なんてかからないでしょ!」とポジティブにとらえるのではなく、一つ一つ旅のリスクを減らしていきましょう。

 

 

日本食

どんなにインドカレーが好きな人でも、体調を壊したときは日本食が食べたくなります。
特に、食欲がないときは日本食しか受け付けられません。
インスタントの味噌汁がおすすめです。

私は、40度くらいの高熱を出したことがあるのですが、当時付き合っていたインド人の彼氏が、少しうすめたダール(豆カレー)を持ってきたときは、キレました。「レトルトの日本食にお湯入れて持ってこんかい!こんなにきついときに、カレー食べるわけないだろ!!!」と。

 

もう一度言います。どんなインド好きでも、弱った時は日本食が欲しくなります。
味噌汁2パックぐらいは持っていくのがオススメです。

 

 

サバイバルナイフ

インドは果物がおいしい国です。
私は常にサバイバルナイフを持っていて、果物の皮を剥いたりカットして果物をよく食べます。
現地でナイフを買っても良いですが、私はmyサバイバルナイフがあるので、それを使っています。

現地についてからナイフを買うとなると、安くて小さいナイフを見つけるのが意外と面倒です。
観光地には、ちょうどいい家庭的な小さいナイフが無かったりします。

また、サバイバルナイフには、ライト、ハサミ、缶切理、栓抜きがついているものもあり、とても便利です!
旅行好きは、サバイバルナイフを一つ持っておくと便利ですよー

愛用してるサバイバルナイフ

 

 

まとめ

いかがでしたか?あなたがいつも持っていかないものも含まれていたのではないでしょうか?
現地で調達できるものは現地で調達。日本から持って行った方がいいものは日本から持っていく。できるだけ荷物を少なくして、快適な旅を楽しんでくださいねー!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です