13歳天才インド少年!最年少IBM Watsonのプログラマーとして活躍!

♪シェアしてね♪

みなさん、
インド人は数学やテクノロジーが強いことで有名ですが、、、

13歳の天才インド少年がいることをご存知ですか?

以下の経歴は、彼自身のLinked inや、
彼のプレゼン中の発言など信頼出来るソースのものを持ってきています。

 

Tanmay Bakshi君の経歴


・両親ともにインド人。父親はエンジニア。母親は専業主婦。

・Tanmay君が生まれて間もなくインドからカナダに移住。
 ※Tanmay君の国籍がカナダなのかインドなのかはわかりません。

・5歳でコーディングを始める。


・9歳でiOSアプリ構築。Apple Storeに受け入れられる。


・12歳で世界で

(人工知能の一種で、質疑応答システム) のプログラマーになる。

・13歳現在の活動
-アルゴリズム開発者
-IBMのKeynote Speaker 兼 iCloud Advisor 兼 Champion for cloud
-YouTuber
-作家(「Hello Swift」というプログラミングの教科書を執筆)
-学校には行かず、HomeSchoolで学習
など様々な分野で活躍している。


 

 

 

と、まあどこからどう見ても天才です。

 

 

 

日本語字幕はないのですが、
こちらのインタビュー動画で簡単に自分の経歴やAIに対する考えなどを述べています。
「将来AIが人間にとって変わるという意見が多いが、僕はそう思っていない。AIは今までもこれからも、人間の能力を増幅させるのに役立っていく」という彼の意見が印象的です。
そして、話している内容もさることながら、会話力も並外れています。
※タイトルにあるGoogleに雇われたというのは、ガセネタです。

 

 

 

個人的には、天才的なテクノロジースキルより、彼の会話力・プレゼン力・人を惹きつける力にとても感銘を受けました。偏見ですが、理系の天才君はコミュニケーションが苦手な人が多いイメージがあります。が、彼は本当に話すのが上手で、人の興味を惹きつける素質があると感じます。

 

こちらのTEDのプレゼンも素晴らしい。

 

 

 

彼自身が自分のYouTubeチャネルも運営しています。
プログラミングについての講義をしたり、プログラミングに関する質問に答えたりしています。すごくワクワクしながら講義をしているの、見ている側も「楽しいことを学んでいる」気分になれます。また、英語がとってもクリアなので、英語ネイティブでなくても聞き取りやすいです。

 

 

 

 

ここ数日、私は彼の動画ばかり見ていますw
こんな天才に生まれたかった。。。。と羨ましく思います。

インド人は、数学が得意、テクノロジーに強いとよく言われています。
インド数学などが、その理由としてあげられることがありますが、Tanmay君はカナダで生まれ育っているためインド式教育は受けていないはず。遺伝子レベルでインド人は数学やテクノロジーに強いのでしょうか?興味深い。。。。

 

 

彼のインタビューなどの動画を見ていると、彼は本当にテクノロジーが大好きで、探究心が並外れているのだなと感じます。やはり、何事も興味を持ってワクワクしながら取り組むことが大事なのかなと思いました。

 

 

私も、興味が赴くままにワクワクしながら仕事に打ち込みたいものです。

 

 

 

おしまい♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です