インド英語(Hinglish)の特徴・訛り|理解するためのコツ!

♪シェアしてね♪

インド人の話す英語は、理解できない〜!!!

 

って、思ったことありませんか?

 

インド人は、英語を話せる人が非常に多いですが、発音はかなり母語に引きづられて訛りが激しいです。そのため、聞きとり辛い場合が多いです。

YouTubeで、インド英語の特徴と理解するためのコツを紹介しているので、興味がある人はぜひ見て見てください!!!

 

動画の内容を要約すると、

1.Rは「巻き舌」ではなく、「ル」と強く発音する
Ex) Terminator→タルミネルタル、water→ワータル

2.Tは、ヒンディー語の「そりじた」の発音になる
※動画参照

3.THは、ヒンディー語の「そりじた有気音」の発音になる
Ex)Earth→アルツ※動画参照

4.数字はヒンディー語の数の数え方を英語でも取り入れる
Ex)10万は「lakh(ラーク)」1000万は、「crore(カロール)」

5.綴りの通りに発音しがち
Ex)Wednesday→ウェドネスデイ

6.ヒンディー語の言い回しを英語に直訳して使う場合がある
Ex)What is your good name? (ヒンディー語の表現をもとにしているため、goodを入れてしまう)

 

発音は、読んだだけではわかりにくいと思うので、ぜひ動画を見てください!!!

では、またねー!!

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です